本文へ移動
オレンジ色の
とんがり屋根が目印
ここはみんなの
夢らんど

新着情報とお知らせ

10月 園だより
2021-10-21
 爽やかな秋空の下、元気いっぱいに外遊びを楽しむ子どもたち。よーいドン!のかけ声や、しっぽとり競争などで芝生の上を思いきり駆け回り、皆、良い汗をかいています。そんな中で、どのクラスも友だちと関わり合いながら遊ぶ姿が多くみられるようになってきました。子どもたちは一人で遊ぶより友だちと遊ぶ方が何倍も楽しいことを色々な場面で学び、その一方で「おもちゃとってきた!」「ぼくの方が先に使ってた!」「〇〇ちゃんがよしてくれない~」などのけんかもうまれてきます。でも互いにその時々で理由があって、自分の気持ちを主張しあった結果であり、しばらくすると一緒に遊んでいるケースがほとんどです。
 また、子どもたちはそれぞれが自分の都合の良い方に話しをします。それは、表現の仕方が身に付き、話すことができるようになった成長の過程であったり、大好きなお母さんの心を自分に向けようとする注目行動のひとつであったりします。でもどちらにしても子どもたちの言葉一つひとつに大人が過敏になりすぎたり心配しすぎると子どもたちは母親の反応に驚き十分話しきれないで終わります。
 まずは、子どもが話したいと思う瞬間には、できるだけ用事の手を止めて耳を傾け、時間を共有してあげる。そして、上手に話ができるようになっていることや様々な思いに気付けるようになった心の成長を私たち大人が心から喜び認めてあげる。そのようなゆとりを持った温かな関わりによって、子どもたちのモヤモヤした気持ちが消化され、心が和らぎ、すっきりとした笑顔が見られることと思います。
 忙しい日々の中でも、今だからこそできる触れ合いの時間、親子で対話する時間を大切に過ごしていきたいですね。
 気温や湿度も落ち着き、過ごしやすい季節になりました。一方で朝夕の冷え込みに小さい子どもたちは体温調節がうまくついていかず、鼻水や咳などの風邪症状がみられます。また、インフルエンザをはじめとする感染症には特に気を付けなければいけない季節でもあります。政府からは、新型コロナウイルス緊急事態宣言、蔓延防止措置等も全面的に解除となりましたが、園では、引き続き感染対策の徹底と子どもたちの健康管理・安全対策に取り組んでまいりたいと思いますので、皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

園長 藤原 豊美

 

アンビー
〒595-0015
大阪府泉大津市旭町22-28
TEL.0725-20-2001
FAX.0725-20-2002
TOPへ戻る